• 印刷する

駐在員の暮らしやすさ、越は19位に上昇

英金融大手HSBCが発表した2018年の外国人駐在員にとって暮らしやすい国・地域に関する調査で、ベトナムは19位となり、前年から4ランク上昇した。

同調査では、「経済(給与、職場環境、国内経済など)」「経験(生活スタイル、住環境など)」「家族(教育、子育てがしやすい環境など)」の3分野27項目を指数化し、ランク付けしている。

ベトナムの分野別の順位は、経済が10位、経験が17位と高評価だった一方で、家族は26位にとどまった。経済では「可処分所得」と「貯蓄」がそれぞれ1位となり、順位を押し上げた。一方、家族では「健康」(31位)、「子育ての環境の質」(同)、「生活の質」(30位)などが低評価だった。

世界トップは4年連続でシンガポール。以下、ニュージーランド、ドイツ、カナダ、バーレーンが続いた。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポールのほか、インドネシアとマレーシアがベトナムより上位にランクイン。タイは21位、フィリピンは28位だった。日本は30位で、17年の22位から後退した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン