大企業の事業計画、国内外の要因で不透明

9日付ソウル経済新聞は、韓国の主要企業が、国内政治からの強い圧力や世界経済の停滞などで来年の事業計画を立てられずにいると伝えた。 韓国では、政界を中心に来年、「協力利益共有制」の改正が進められる見通し。このほど法制化計画が発表された同制度は、大企業と中小企業が…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SK、組み電線市場に進出 エンプラ活用で7割軽量化(18:01)

サムスン・LG、テレビの新モデル発売(18:06)

LG高級家電ブランド、初のエアコン(18:37)

大韓海運がLNGを海上で供給、年内にも(18:15)

SKがアトピー治療剤を商用化へ、来年めど(16:16)

セルトリオン、肥大型心筋症薬を日本で販売(17:12)

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

テイクオフ:平日昼間にソウルの地下…(03/26)

小田急がソウルに直営ホテル 20年5月開業、観光需要取り込む(03/26)

現代自、FCVの増産計画を1年前倒し(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン