• 印刷する

10月スズ輸出42%減、取引所の再開不透明

インドネシア貿易省によると、10月の精錬スズ輸出量は前年同月比33%減の5,109トンだった。前月比は42%減。国家警察が10月中旬に国営検査会社サーベイヤー・インドネシアに不法取引の容疑をかけて以来、スズの取引を管理するインドネシア・コモディティー・デリバティブ取引所(ICDX)は事実上取引を停止している。ロイター通信が8日伝えた。

10月の輸出量のうち、シンガポール向けが2,153トン、日本向けが910トンだった。5~9月の輸出量が好調だったことなどから、1~10月の累計輸出量は前年同期比7.5%増の6万8,005トンだった。

貿易省によると、警察当局は10月16日、未認可の鉱物の売買に関与した容疑でサーベイヤー・インドネシアの取り調べに着手した。サーベイヤー・インドネシアは国内で取引されるスズの7割の検査を行っていた。

ICDXは同日以降の取引をほぼ停止しており、8日までの取引量は74ロット(1ロット=5トン)にとどまった。11月以降はゼロ、10月1~15日は444ロットだった。ICDXの広報担当者は「輸出停止措置は(警察の)確証を得るまで続くだろう」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシア語で「大丈…(11/21)

【この人に聞く】AAB、日本のイベント提供 当地の日系企業にも積極展開(11/21)

ガルーダ航空、名古屋便を来年3月に就航(11/21)

エアアジア、首都空港第2ターミナル移転へ(11/21)

ネガティブリスト外資開放は25業種、調整相(11/21)

新政策パッケージ、経済界から歓迎の声(11/21)

改造車の展示会、2日間で30億ルピア成約(11/21)

インドネ不動産、地場と合弁でマ市場に参入(11/21)

自動車の顧客サービス満足度、首位は三菱(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン