印製の大径鋼管、米当局が不当廉売と認定

米商務省は7日、インドと中国が大径溶接鋼管に不当な補助金を交付し、米国内で不当廉売(ダンピング)していると認定した。7日の発表によると、ダンピング率はインド製が50.55%、中国製が132.63%。米国際貿易委員会(ITC)が国内産業の打撃となっていると判断すれば、反ダン…

関連国・地域: 中国インド米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

与党圧勝でモディ政権維持 下院選、BJPが単独過半数(05/24)

安倍首相、モディ氏へ祝意(05/24)

自動車業界、新政権に販売回復政策を期待(05/24)

武蔵精密工業、ハリヤナにインド第3工場(05/24)

昨年度の電動二輪車・EV販売は13万台(05/24)

二輪・三輪車の完全電化、政策委員会が提案(05/24)

印が越製の電子印刷用品、反ダンピング調査(05/24)

二輪ロイヤル、南部工場で賃金協定を締結(05/24)

アジア開銀、鉄道電化で7.5億ドルの融資協定(05/24)

物流フューチャー、ラストマイル事業を統合(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン