印製の大径鋼管、米当局が不当廉売と認定

米商務省は7日、インドと中国が大径溶接鋼管に不当な補助金を交付し、米国内で不当廉売(ダンピング)していると認定した。7日の発表によると、ダンピング率はインド製が50.55%、中国製が132.63%。米国際貿易委員会(ITC)が国内産業の打撃となっていると判断すれば、反ダン…

関連国・地域: 中国インド米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ゴム材の中橡、インドにカーボンブラック工場(11/21)

【アジア自動車データ集】生産台数(343)(11/21)

AD課税延長を調査、日印産ピリジン(11/21)

テイクオフ:人さし指と中指で髪をす…(11/20)

日本企業向けサービス強化 KPMG、日印の双方から支援(11/20)

印企業1889社の純利益、7~9月は16.2%増(11/20)

CNG車、インフラ整備で30年に普及率5割(11/20)

二輪ロイヤル、650ccの2モデル発売(11/20)

鉄鋼JSW、川下部門の生産能力増強を計画(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン