大連市、4区で化石燃料路線バス淘汰

遼寧省大連市政府は7日、市内4区と通称される中山区、西崗区、沙河口区、甘井子区を対象に、2020年までに化石燃料を使用した路線バスを淘汰(とうた)すると明らかにした。エコカー(新エネルギー車=NEV)の普及を推し進める。8日付遼寧日報が伝えた。 市内4区以外の地域…

関連国・地域: 中国-大連
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

テイクオフ:広州モーターショーから…(11/21)

今年の訪日客は800万人超え 携程が予測、来年のビザ緩和期待(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

民営企業の支援強化、税制面から=税務総局(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

中国ブルネイが連携強化、習主席が初訪問(11/21)

企業庁と江蘇、工業団地開発など13件の覚書(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン