ベトテルグローバル、1~9月は減収減益

ベトナムの通信大手ベトテルグループの海外事業を手掛けるベトテル国際投資総公社(ベトテルグローバル)がこのほど発表した2018年1~9月連結決算は、売上高が前年同期比5%減の12兆4,320億ドン(5億3,300万米ドル、約602億円)だった。損益は前年同期の2,730億ドンの黒字から…

関連国・地域: ベトナムミャンマーカンボジアラオス東ティモール中南米アフリカ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

17年の燃料輸入222万トン、鉱業省(17:01)

TPP11、成長率1.1%底上げ 繊維はカナダなど市場開拓に期待(11/20)

日本支援のホイアン下水処理場が完成(11/20)

クアンニン省、交通インフラ3件が年内完成(11/20)

バンブー航空、12月29日の就航予定(11/20)

仁川港湾公社、海外拠点を上海と越に移転(11/20)

FLC、タインホア省で航空地区を開発へ(11/20)

韓国の済州航空、越路線の開拓計画を発表(11/20)

ベトジェット、バンドン空港へ乗り入れ準備(11/20)

配車ファストゴー、ミャンマー進出へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン