• 印刷する

ポスコ、2次電池負極材の生産能力増強

韓国のポスコグループが、2次電池向け負極材の生産能力増強を加速させている。系列のポスコケムテックは8日、世宗市の第1工場の増設工事の完工式を開催するとともに、第2工場の起工式も執り行った。第2工場が完成する2021年には、ポスコグループの負極材生産能力は年7万4,000トンまで拡大する。世界のバッテリー需要の増加にいち早く対応し、市場のリードを目指す。

第1工場の生産能力は年2万4,000トン。2011年に第1段階の工事が完了して以来、需要の増加に応じて6回にわたり増設工事を行った。

第2工場は、敷地面積がサッカーコート9面分に当たる6万6,087平方メートル。19年下期(7~12月)までに、4つの生産ラインを構築する第1段階の工事を完了させる。生産能力は2万トンほど。その後も段階的に投資を行い、21年までに生産ラインを10に増やす。

ポスコは、「第2工場が完成する21年には、30キロワット(kW)級の電気自動車(EV)向けバッテリー270万個分の負極材を供給できる体制が整う」と説明した。

ポスコグループは、今年で創立50周年。第2工場の起工式に出席したポスコグループの崔正友(チェ・ジョンウ)会長は「第4次産業革命による激変の時代には、鉄鋼事業の成功だけにとどまることはできない。今後の50年をけん引する新しい事業の1つとしてエネルギー・素材分野に積極的に投資を行っていく」と述べた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

SKハイニックス、社内アイデアを事業化へ(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

現代自、EVのワイヤレス充電技術を公開(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン