• 印刷する

光陽、スーパースポーツの電動大型バイク発表

「スーパーネックス」を発表する光陽工業の柯勝峯董事長=ミラノ(同社提供)

「スーパーネックス」を発表する光陽工業の柯勝峯董事長=ミラノ(同社提供)

二輪車台湾最大手の光陽工業(キムコ)はこのほど、イタリア・ミラノで開催中の世界最大の二輪車展示会「ミラノ・モーターサイクルショー(EICMA)2018」で、スーパースポーツモデルの電動大型バイク「スーパーネックス」を発表した。優れた加速性が売りで、停止状態から最短2.9秒で時速100キロメートルまで加速できる。

経済日報などが伝えた。スーパーネックスは、モーターに最先端の6速マニュアルトランスミッションを組み合わせたことで、加速性能と最高速度を向上させた点が特長。停止状態から最短7.5秒で時速200キロ、10.9秒で250キロに到達可能という。また加速時のウィリー抑制や滑りやすい路面でのトラクション性能向上といった機能を提供する「キムコFEP(フルエンゲージメントパフォーマンス)」を搭載。4種類のパワーモードで、市街地からサーキットでの走行まで環境に応じた走行性能を選択可能にした。

光陽の柯勝峯董事長は、「新世代の個人用交通手段は電動が主流になるとみられているが、二輪車愛好家からは、電動化によりエンジンが静音化することやギアポジションのない設計で運転時に車体との一体感がなくなることなど、バイクが従来持つ魅力が失われるのではないかとの懸念が出ている」と指摘。その上で、「こうした愛好家の潜在的な要望を把握し、妥協することなく次世代の電動バイクの製造を実現した」と述べた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:プリーズシッダウン!台…(01/17)

日本の話題作、台湾でも セガ台湾、台北ゲームショウ出展(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

南亜科技、19年の資本的支出は半減の100億元(01/17)

18年世界PC出荷量、エイサーとASUSは減少(01/17)

中鋼と仏カルデリス、耐火物の共同実験室(01/17)

星光PMC、粘接着剤の新綜工業を連結子会社化(01/17)

儒鴻、2Qにも苗栗でプリント工場を稼働(01/17)

台北駅「双子星」開発、国民党系企業が横やり(01/17)

台船、高雄に洋上風力発電向けふ頭(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン