• 印刷する

配車オラがNZ進出、海外3カ国目

インドの大手配車サービス「OLA(オラ)」が6日、ニュージーランドで営業を開始した。当面はオークランド、ウェリントン、クライストチャーチでサービスを提供する。外国進出は今年2月のオーストラリアと8月の英国に続く3カ国目。ビジネス・スタンダード(電子版)などが伝えた。

乗車ルートの追跡機能や、車両およびドライバーの情報をリアルタイムに把握できる安全機能がサービスに含まれる。使用車両は全て、道路での使用に適しているかの検査を受けている。

オラは今年から国外事業に乗り出した。オーストラリアではこれまでに7都市で営業を開始。5万人以上の登録ドライバーを抱え、配車の回数は200万回に達したという。


関連国・地域: ニュージーランドインド
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ゴム材の中橡、インドにカーボンブラック工場(11/21)

【アジア自動車データ集】生産台数(343)(11/21)

AD課税延長を調査、日印産ピリジン(11/21)

テイクオフ:人さし指と中指で髪をす…(11/20)

日本企業向けサービス強化 KPMG、日印の双方から支援(11/20)

印企業1889社の純利益、7~9月は16.2%増(11/20)

CNG車、インフラ整備で30年に普及率5割(11/20)

二輪ロイヤル、650ccの2モデル発売(11/20)

鉄鋼JSW、川下部門の生産能力増強を計画(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン