• 印刷する

配車オラがNZ進出、海外3カ国目

インドの大手配車サービス「OLA(オラ)」が6日、ニュージーランドで営業を開始した。当面はオークランド、ウェリントン、クライストチャーチでサービスを提供する。外国進出は今年2月のオーストラリアと8月の英国に続く3カ国目。ビジネス・スタンダード(電子版)などが伝えた。

乗車ルートの追跡機能や、車両およびドライバーの情報をリアルタイムに把握できる安全機能がサービスに含まれる。使用車両は全て、道路での使用に適しているかの検査を受けている。

オラは今年から国外事業に乗り出した。オーストラリアではこれまでに7都市で営業を開始。5万人以上の登録ドライバーを抱え、配車の回数は200万回に達したという。


関連国・地域: ニュージーランドインド
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(18:34)

テイクオフ:オフィスの休憩室にある…(08/22)

スズキが高級MPVを発売 需要喚起、SUV顧客も囲込みへ(08/22)

車の販売不振、プネ工業地帯の50万人に影響も(08/22)

マヒンドラ物流部門、VWとの提携強化(08/22)

ジェット発着枠の割当、12月まで期限延長(08/22)

DBS銀、20年にクレジットカード事業参入(08/22)

ワンプラスのTV、来月インドで先行発売(08/22)

ステイト銀、祭事期は車ローンに低金利(08/22)

タタモータータイ、組立終了も販売は継続(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン