チャカン工業団地、企業にマフィアの脅威

インド西部マハラシュトラ州プネのチャカン工業団地で、国内外の企業が地元マフィアの脅威にさらされていることが明らかになった。同工業団地には、独フォルクス・ワーゲン(VW)など多数の自動車企業が入居している。ビジネス・ライン(電子版)が7日に伝えた。 マフィアは企…

関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(18:34)

テイクオフ:オフィスの休憩室にある…(08/22)

スズキが高級MPVを発売 需要喚起、SUV顧客も囲込みへ(08/22)

車の販売不振、プネ工業地帯の50万人に影響も(08/22)

マヒンドラ物流部門、VWとの提携強化(08/22)

ジェット発着枠の割当、12月まで期限延長(08/22)

DBS銀、20年にクレジットカード事業参入(08/22)

ワンプラスのTV、来月インドで先行発売(08/22)

ステイト銀、祭事期は車ローンに低金利(08/22)

タタモータータイ、組立終了も販売は継続(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン