チャカン工業団地、企業にマフィアの脅威

インド西部マハラシュトラ州プネのチャカン工業団地で、国内外の企業が地元マフィアの脅威にさらされていることが明らかになった。同工業団地には、独フォルクス・ワーゲン(VW)など多数の自動車企業が入居している。ビジネス・ライン(電子版)が7日に伝えた。 マフィアは企…

関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

AD課税延長を調査、日印産ピリジン(21:08)

テイクオフ:人さし指と中指で髪をす…(11/20)

日本企業向けサービス強化 KPMG、日印の双方から支援(11/20)

印企業1889社の純利益、7~9月は16.2%増(11/20)

CNG車、インフラ整備で30年に普及率5割(11/20)

二輪ロイヤル、650ccの2モデル発売(11/20)

鉄鋼JSW、川下部門の生産能力増強を計画(11/20)

フィリップスがテレビ再発売、台湾社と提携(11/20)

RCEPで家電品除外、業界が政府に要望(11/20)

シーメンス印法人、昨年度は14.6%の増収(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン