乾照光電、半導体事業に16億元投資

LED用エピタキシャルウエハーを手掛ける厦門乾照光電(福建省厦門=アモイ=市)は7日、垂直共振器面発光型レーザー(VCSEL)やハイエンドLEDチップといった半導体の研究開発(R&D)および生産プロジェクトに15億9,700万元(約261億9,500万円)を投資すると発表した…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

〔オセアニアン事件簿〕中国によるサイバー攻撃、豪政府に対応圧力(17:00)

AD課税延長を調査、日印産ピリジン(21:08)

マカオの旅行者消費、3Qは15.2%増に(20:43)

テイクオフ:大きな竹ぼうきで歩道を…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

中国勢、EVの性能アピール 航続距離600キロも、広州MS(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

アップル向け工場のデモ収束(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン