乾照光電、半導体事業に16億元投資

LED用エピタキシャルウエハーを手掛ける厦門乾照光電(福建省厦門=アモイ=市)は7日、垂直共振器面発光型レーザー(VCSEL)やハイエンドLEDチップといった半導体の研究開発(R&D)および生産プロジェクトに15億9,700万元(約261億9,500万円)を投資すると発表した…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、米国からの視点を解説(22:34)

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(21:23)

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(20:39)

全ての村にネット通販、22年めどに物流整備(13:03)

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン