• 印刷する

筑波大学など3校、マレーシアに分校設置へ

マレーシアのマスズリ・マリク教育相は、筑波大学、日本デザイナー学院、立命館アジア太平洋大学の3校がマレーシアに分校を設置する計画があると明らかにした。8日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

同相によれば、日本デザイナー学院は2019年、筑波大学は20年の分校設置を予定している。教育省は分校設置に向けた用地選定を開始しており、同相は「用地確保のほか、マレーシアでの開学に向けた各種登録や申請がスムーズに進むよう努める」と述べた。同相は、柴山昌彦文部科学大臣とも協議を進めていると明らかにした。

日本の高等教育機関の分校設置は、マハティール首相が掲げる東方政策(ルックイースト)の一環で、5~7日に滞在した日本でも安倍晋三首相に分校設置を強く要望した。マハティール首相はこれまでにも、日本式の教育を通して日本の職業倫理や道徳的価値観をマレーシア人に教育することが重要だと発言している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

投資JCG、マレーシアの美容医療企業買収(05/22)

ジョ州との高速鉄道、9月まで建設延期で合意(05/22)

AIA、メディックスとア太で提携拡大へ(05/22)

Vテック、顧客がマレーシアへ生産移管計画(05/22)

エネ当局、発電公団のLNG輸入計画保留に(05/22)

テイクオフ:調理中、自宅のガス警報…(05/21)

介護素材を東南アジアで拡販 京都企業、マレーシアに工場(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン