• 印刷する

カチン州の橋が破損、手抜き工事が原因

ミャンマー北部カチン州で7カ月前に開通したばかりの橋りょう2本が破損し、一部車両が通行できない状態になっている。工事の手抜きと低品質の材料を使用したことが原因とみられ、地元議員らは建設業者と建設省の責任を追及する方針だ。電子メディアのイラワジが6日伝えた。

同州ソーロー郡区のランセ橋とタンタン橋は、2017年度(17年4月~18年3月)の連邦予算から5億チャット(約3,550万円)と3億チャットをそれぞれ投入して建設された。開通からわずか7カ月で、既に破損し、傾いている状態という。

同郡区選出のラー・マー・レイ議員は「ランセ橋はトラックなどの大型車は通行できず、小型車のみ通行できる状態。タンタン橋はバイクさえ通行できず、徒歩で渡るしかない」と説明。4,000万チャットを投入して築いた堤防でも、手抜き工事が確認されているという。

同議員は「12日に開会する次期国会で責任を追及する。建設業者が基準を順守しなかったのであれば建設省の橋りょう局品質管理部が(業者に対して)法的措置を講じるべき。橋の引き渡しは既に終わっているため、品質管理部の責任も追及する」と指摘。「少数民族地域が橋や道路建設の予算を獲得することは容易ではない。確保できても、手抜き工事が行われるなら意味がない」と訴えた。

建設省は8月の国会でも、BOT(建設・運営・譲渡)方式の道路建設事業を十分に監視していないと指摘された経緯がある。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

投資促進管轄の新省を設立 誘致強化、事業環境改善が目的(11/21)

南部メイの電気料金、燃油高で値上げ(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

ヤンゴン空港、欧州航空会社に就航働き掛け(11/21)

運輸相、チン州の新空港建設現場を視察(11/21)

マンダレーのガラス工場、新溶解炉が稼働(11/21)

メコンの空路接続調査、課題解決に期待(11/21)

糖尿病リスク要因、全国で調査実施へ(11/21)

新党「人民党」、ヤンゴンで党本部を開所(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン