• 印刷する

パナ、IoT自転車でモバイクと協業検討

パナソニックグループで自転車事業を手掛けるパナソニックサイクルテック(大阪府柏原市)は7日、中国自転車シェアリングサービス大手の北京摩拝科技(モバイク)と、モノのインターネット(IoT)電動アシスト自転車分野での協業の可能性を検討することで合意したと発表した。両社は自転車シェアリングサービス、レンタルサービスの利用者向け新技術の共同開発について検討していく。

IoT電動アシスト自転車は、通信機能を備えた自転車がインターネットにつながることで、スマートフォンによる電子錠の開錠や走行データ記録などを提供できる。また、衛星利用測位システム(GPS)による高い防犯性、追尾性と駐輪位置管理を実現する。

パナソニックサイクルテックは、互いの経営資源や事業ノウハウを有効活用することにより、顧客に対するより付加価値の高い製品とサービスの提供が可能になると判断し、今回の合意に至ったと説明した。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: その他製造運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

双十一で高まる越境EC需要 香港が首位、販促活動の動きも(11/13)

テイクオフ:「おまえもばかみたいに…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

フォングループ、貿易摩擦逆手に商機模索(11/13)

双十一の宅配処理は4.2億件 記録更新、物流業後押し(11/13)

中国小米、スマホ市場に参入(11/13)

米中貿易戦、サプライチェーン再編を促進(11/13)

双十一の取引額、海外輸入品では日本が首位(11/13)

VIC政府、中国一帯一路覚書の内容を公表(11/13)

受動部品の国巨、蘇州工場で大幅減産か(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン