予算案、財政基盤の悪化を懸念 新税で業界の明暗分かれる

93歳のマハティール首相率いる与党連合・希望連盟(PH)政権が2日に発表したマレーシア2019年度当初予算案は、中・低所得者層への支援や産業育成に主眼を置いた。大型インフラの開発とともに引き続き国の成長を後押しする方針も示した一方で、消費税(GST)廃止などによる歳…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン