セブンやGS25、出店伸び悩む 店舗数より「商品開発が重要に」

昨年と今年に新規でベトナムのコンビニエンスストア市場に参入した「セブン―イレブン」と韓国大手の「GS25」はいずれも、店舗網の拡大計画を大きく下回るスローな動きをみせている。関係者は「1店舗当たりの収益増につながる商品開発が重要」と指摘した。英国の食品業界分析機…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

アヤラ、シンガポールの風力発電企業に出資(15:34)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

主要上場、増益は半数どまり 不動産関連に減速感=3Q決算(11/15)

大虐殺でポト派幹部16日に判決(11/15)

三谷産業がハノイでフェア開催、140人参加(11/15)

マイリン、個人タクシーとの協働開始(11/15)

ベトナムのTPP採択、カンボジアに影響も(11/15)

運輸省、バンブー航空に事業ライセンス付与(11/15)

ソファ製造の敏華、ベトナム工場を拡張へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン