• 印刷する

テイクオフ:子どもをしつけたり、け…

子どもをしつけたり、けがや病気から守ったりするための言い伝えは世界各国どこにでもあるようだ。日本では「ご飯を残すと目がつぶれる」と言われるが、インドネシアでは「目がつぶれる」の代わりに「鶏が死ぬ」と言うらしい。鶏が駆け回る田舎の情景が浮かぶようで何だかほほえましい。

古くからの言い伝えかどうかは不明だが、よく言われた言葉に「ぼーっとしているとおばけに乗り移られる」というのがある。事故や盗難などトラブルに遭わないように、周囲に気を配れという戒めなのだろうか。テレビ番組や体験談などでもおばけや霊の話題がとかく多い当地。大の大人に真剣な顔で注意されると少々不安になる。

しかしその割に、何をするでもなく家の軒先でぼーっと何かを眺めている人が多い。彼らは乗り移られてしまわないのだろうか、つい余計な心配をしてしまう。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで生活する…(02/18)

地場3位の事業を引き継ぎ 車競売JBA子会社が業界首位に(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

トヨタと国営鉱業、車輪用合金の供給で提携(02/18)

1月の貿易収支、4カ月連続で赤字(02/18)

18年12月対外債務、前年同月比7%増(02/18)

東芝テレビ撤退完了、現地子会社の株譲渡で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

プルタミナ、ジェット燃料価格値下げ(02/18)

首都圏のLRT、運賃は1万2000ルピア(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン