デザイン保護25年間に延長、特許庁が法改正素案

【共同】特許庁は5日、企業ブランドの象徴となるデザインの模倣防止に向けた意匠法改正素案をまとめた。保護期間を現行から5年延ばして25年間にするほか、店舗の内外装や仮想現実(VR)技術で使われる投影画像といったデザインにも対象を広げる。来年の通常国会への提出を目指…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

ホンダ、模倣品対策に本腰 電動スクーターや部品で続く流通(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始(04/25)

JALとガルーダ、提携拡大 名古屋便など3路線で共同運航(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

1~3月の新車販売、11%増の26万台(04/25)

半導体事業を一部売却、パナソニックがロームに(04/25)

日系企業の景況感、高水準も低下=SMBC(04/25)

2019年3月のタイの新車販売台数(表)(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン