デザイン保護25年間に延長、特許庁が法改正素案

【共同】特許庁は5日、企業ブランドの象徴となるデザインの模倣防止に向けた意匠法改正素案をまとめた。保護期間を現行から5年延ばして25年間にするほか、店舗の内外装や仮想現実(VR)技術で使われる投影画像といったデザインにも対象を広げる。来年の通常国会への提出を目指…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ユニチカ5年ぶり赤字転落、紡績発祥の繊維4社(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

ホンダ、「シビックハッチバック」新型投入(11/12)

【CSRの今】電子廃棄物の再利用に注力 東芝、顧客の5割参加目指す(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

超小型EV購入に補助金、経産省が普及促す(11/12)

スカボローガス田、埋蔵量を52%引き上げ(11/12)

NEC、アジアでBaaS事業を本格展開(11/12)

三菱自、累計生産が70万台に(11/12)

ソニーのゲーム部門、東南ア初の制作拠点(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン