• 印刷する

ユニチャーム、現地法人の上場を計画

ユニ・チャームは5日、現地子会社のユニ・チャーム・インドネシアを、インドネシア証券取引所(IDX)へ上場する方針を発表した。新株を発行する公募か、保有株の一部を放出する売り出しかは不明。公開予定時期も未定としている。

ユニ・チャームは、グローバル化促進における成長戦略の一環として、重要戦略地域であるインドネシアの事業基盤を強化すると説明した。

ユニ・チャーム・インドネシアは1997年設立。ユニ・チャームの出資比率は74%。ベビー用品や女性用品、ヘルスケア用品の生産・販売を行っている。西ジャワ州カラワン県のカラワン工業団地(KIIC)に2工場、東ジャワ州スラバヤ近郊のモジョケルト県ンゴロ工業団地(NIP)に1工場を保有している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/13)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン