• 印刷する

ユニチャーム、現地法人の上場を計画

ユニ・チャームは5日、現地子会社のユニ・チャーム・インドネシアを、インドネシア証券取引所(IDX)へ上場する方針を発表した。新株を発行する公募か、保有株の一部を放出する売り出しかは不明。公開予定時期も未定としている。

ユニ・チャームは、グローバル化促進における成長戦略の一環として、重要戦略地域であるインドネシアの事業基盤を強化すると説明した。

ユニ・チャーム・インドネシアは1997年設立。ユニ・チャームの出資比率は74%。ベビー用品や女性用品、ヘルスケア用品の生産・販売を行っている。西ジャワ州カラワン県のカラワン工業団地(KIIC)に2工場、東ジャワ州スラバヤ近郊のモジョケルト県ンゴロ工業団地(NIP)に1工場を保有している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝夕の通勤ラッシュ時間…(07/24)

大型小売店最大手が店舗縮小 今年は6店以上閉鎖、競争激化で(07/24)

酒井重工業が製販体制を増強 新工場開所、年産能力を倍増(07/24)

ピーエス三菱、コンクリ防食技術で共同研究(07/24)

接着剤コニシ、製販の合弁会社設立へ(07/24)

中国が反ダンピング税適用、ステンレス鋼に(07/24)

1~5月自動車生産、東南ア最大の30%減(07/24)

ジャワ島で経済特区が可能に、要望多く(07/24)

環境省、原油流出で国営石油などに損賠提訴(07/24)

75県・市で干ばつ被害、人工降雨も検討(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン