【EEC交論】開発優先政策、問う住民利益 EV団地計画で環境調査怠り提訴

タイ政府が東部3県で進める経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」では、地場・外資系企業が投資機会を模索するが、開発の妥当性が課題の一つになりそうだ。3県の一つラヨーン県で約10年前に起きた公害訴訟で環境行政に一石を投じた、弁護士で非政府組織(NGO)「反地…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン