共用オフィス市場、外資が関心 地場「Toong」は順調に拡大

ベトナムでコワーキングスペース(共用オフィス)市場が急拡大している。米系不動産サービス会社CBREベトナムによれば、昨年の成長率は62%。国内の賃貸オフィスの総面積に占める割合は0.5%とまだ低いが、3年以内に5%以上になるとの予測もある。米大手ウィーワーク(WeW…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

株式市場の透明性を向上へ JICA、証券委と取り組み開始(06/21)

致伸科技、タイまたはベトナムに工場新設を検討(06/21)

Thaco、「CX―8」の予約受付開始(06/21)

バンブー航空、5カ月連続で定時運航率1位(06/21)

グラブのウーバー買収「適法」=競争評議会(06/21)

越政府、BIDVのミャンマー事業強化へ(06/21)

ベトナム航空、4年連続で四つ星エアライン(06/21)

HCM市、インフラ開発資金の増額必要に(06/21)

ザーライ省に卸売市場、英系企業が建設希望(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン