• 印刷する

テイクオフ:丘陵地の森林が開かれ赤…

丘陵地の森林が開かれ赤土がむき出しになった大地。見渡す限り仮設小屋が続く。バングラデシュ南東部の難民キャンプには、隣国ミャンマーから迫害を逃れてきた少数民族ロヒンギャが暮らす。バングラ政府によるとその数100万人。日本の政令指定都市の人口に匹敵する人々が将来の見えない状況に置かれている。

外国人記者の視察用に状況の良い場所が選ばれたのか、思いのほか秩序は保たれ、予想した悪臭もない。だが1日に1度は降るというスコールで道は一気にぬかるみ、険しい地形は今にも土砂崩れが起きそうだ。気温30度以上。湿気をたっぷりと含んだ空気がねっとりとまとわりつく。難民生活の過酷さが垣間見えた。

東日本大震災後に見た仮設住宅との違いは、とにかく子どもが目立つこと。乳児を背負った年端もいかない子どもたち。はにかんだ笑顔に少しだけ救われた気がした。(須)


関連国・地域: 日本バングラデシュ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地に住み始めてから購…(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

ビンF、電動スクーター発売 二輪各社の脅威になる可能性も(11/21)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

本田「監督」が初勝利、ラオスに3ー1(11/21)

日本食品のネット販売促進 ジェトロ、ECサイトに初出店(11/21)

韓国免税店で日系コスメ堅調 中国客など、スキンケア需要拡大(11/21)

米国チョコ製造大手を買収、不二製油(11/21)

【この人に聞く】AAB、日本のイベント提供 当地の日系企業にも積極展開(11/21)

千葉県知事、HCM市に介護人材で協力要請(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン