【探訪】緬バングラ関係(12)それぞれの少数民族問題

1970~80年代を通じて、ミャンマーとバングラデシュは、国境周辺の少数民族地域への統制を強めていく。しかし、政府の強硬策は、住民との間に様々な問題を生じさせることになった。 ■1.バングラデシュのチッタゴン丘陵問題 バングラデシュのチッタゴン丘陵における紛争は、…

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路で初会議、事業の選択は必要と首脳(18:47)

改憲審議の委員会設置、与党動議で(18:43)

外国直接投資に復調の兆し 18年度12億ドル、目標の22%に(02/19)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(02/19)

米企業、金融や教育分野の投資に関心(02/19)

マンダレー、ごみ収集車にIT管理システム(02/19)

高付加価値の農産品、韓国への輸出促進協議(02/19)

ミャンマーとラオス、電力協力で閣僚級会合(02/19)

新興リサイグロ、北欧企業から資金調達(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン