メラルコのケソン発電所、計画推進の方針

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)はこのほど、ケソン州アティモナンで計画する高効率石炭火力発電所の建設を推進する方針を表明した。建設後の電力供給契約(PSA)について当局の認可が得られず、計画の先行きが危ぶまれていたが、電力卸売りスポット市場(WES…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

デジタルサービスへの信頼は5割以下(13:39)

テイクオフ:「コールセンターは、こ…(06/19)

ルソン島の電力需給ひっ迫 警報増加、発電所老朽化が要因か(06/19)

第8回日比インフラ合同委、クラークで開催(06/19)

マラウイ債を間もなく発行、インフラ建設に(06/19)

3Dプリント義足、日系が事業を本格始動(06/19)

ジャックスの自動車金融買収、競争委が承認(06/19)

18日為替:$1=51.990ペソ(↑)(06/19)

トラベラーズ、年内にホテル客室3500室超え(06/19)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン