• 印刷する

《日系進出》住友商事、車部品販売で合弁

住友商事は10月31日、中国で自動車アフター市場向けに消耗品や一般修理部品の販売を手掛ける自動車部品流通販売会社を合弁で設立すると発表した。世界最大の自動車市場である中国で急速に膨らむ自動車アフター市場の需要取り込みを図る。

合弁会社は携帯電話端末の販売や自動車のアフターサービス、保険代理業などを手掛ける河南中キン企業集団(河南省鄭州市、キン=金3つ)との間で設立する。鄭州市で2019年上半期(1~6月)に設立を予定。営業開始も同年上半期を目標にしている。社名は未定で、出資比率も最終確定していないが、住友商事が50%以上、中キン集団が50%未満を予定している。中高級車種向けを中心に、オイル類、フィルター類、バッテリー、スパークプラグなど消耗品・一般修理品を販売する予定だ。

住友商事の話では、基本的に中国国内で生産された部品を取り扱う予定。今後の需要拡大が見込まれる電気自動車(EV)をはじめとするエコカー(新エネルギー車=NEV)用部品にも対応していく。

販売先は中キン集団傘下で自動車アフターサービスを手掛ける中キン之宝汽車服務(鄭州市)やその他の地域代理店など、広く想定している。住友商事によると、中キン之宝汽車服務は高級車修理サービスに特化しており、高い修理技術やノウハウ、高度な研修体制やブランド別の技術支援体制も完備しているという。


関連国・地域: 中国-河南日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ハンセン銀、「大湾区」向け投資拡大へ(02/22)

1月の新築住宅価格、上昇は58都市に減少(02/22)

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン