• 印刷する

テイクオフ:毎週通っている地元の英…

毎週通っている地元の英語レッスンの授業内容に毎回驚かされている。

画家がゲストに質問しながら、肖像画を描き上げるというテレビ番組でインタビューの受け答えを学んだり、オペラハウスの広告放映問題を扱った子供ニュースで、子供の話す早い英語を聞き取る練習を行ったり。ある時は夕方のニュースでゲストに「Bachelor(独身男性)」という恋愛ドキュメンタリー番組の主人公が出演した際のくだけた会話を聞き取ったりと、現地生活に即した内容を上手く取り入れている。

中でも興味深いのは、講師が自分の政治思想を語ることだ。ラジオジョッキーのアラン・ジョーンズ氏が嫌いで、労働党のショーテン党首はスピーチがつまらないなど、はっきり意見を述べる。でも面白おかしく話すのでクラスは大爆笑だ。このあたりも実にオーストラリアらしい。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国では共働きする親が…(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

華為、豪で新高速WiFiサービス提供へ(05/24)

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(05/24)

〔政治スポットライト〕新労働党は企業重視に=アルバニージ議員(05/24)

労働党、QLD州上院議席獲得は1席のみか(05/24)

豪準備銀1.0%に利下げ見通し、効果は小?(05/24)

BHP、石炭から銅・ニッケルに重点移行(05/24)

ケンブラ港の輸入LNG、電力大手が契約(05/24)

加企によるヘルススコープ買収、全株主が支持(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン