• 印刷する

テイクオフ:あの笑顔は何だろう。フ…

あの笑顔は何だろう。フィリピンの貧困の象徴と言われた、マニラ首都圏ケソン市パヤタス地区に初めて足を踏み入れた。ゴミ山「第2のスモーキーマウンテン」は閉鎖され、跡地は緑で覆われるが、貧困問題は根強く残る。それでも住民の瞳は輝いて見えた。

2000年に発生したゴミ山崩落事故では、少なくとも200人以上の死者が出た。ゴミ山は昨年に閉鎖となったが、周辺には廃材で建てた家で暮らす人々が残る。困窮した移住者が集まった同地区では、まだゴミの収集や分別で生計を立てる人も多い。より安定した職に就けず、教育資金が不足し、子どもへと「貧困の連鎖」が続くという課題が残る。

「生活がよくなった人もいるが、まだこれからだ」――。案内の女性はこう語る。国際機関の協力もあり、少しずつ地域は改善に向かっている。前向きに生きる強さが、ここにある。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アルソンズ、発電2事業に440億円投資(06/14)

1Qの金属生産額は12%増、金増産で(06/14)

中間層拡大、モス展開の商機 合弁先CEO「20年前から視野」(06/14)

PLDT、本社再開発でNTTと協議(06/14)

アヤラ子会社、米医療技術会社に出資(06/14)

ジョリビー、米越など海外で出店攻勢(06/14)

コカコーラ、比に容器リサイクル工場建設へ(06/14)

1~4月の外国人旅行者、8.6%増の287万人(06/14)

国内線の航空旅客数、1Qは10%増の709万人(06/14)

グラブ、ハッチバック規制の緩和を要求(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン