来年の賃上げ幅が鈍化へ 3.6~3.9%止まり、貿易戦懸念

香港人材管理協会(HKPMA)と香港バプティスト大学が共同で実施した企業アンケート調査によると、香港企業が2019年に想定する賃金の平均引き上げ幅は3.6~3.9%となり、今年の賃上げ幅3.9~4.3%を下回った。来年以降に表れるとみられる米中貿易摩擦の影響を懸念して、企業経…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ジョルダーノ、中間期の純益4割減の見通し(17:23)

テイクオフ:「朝ラン派」か「夜ラン…(07/16)

総統選、国民党公認は韓氏に 人気健在、世論調査で他を圧倒(07/16)

香港の指輪店、日本絡め商機 風景などデザインに活用(07/16)

条例巡る衝突、大湾区政策に不利か=地元紙(07/16)

条例抗議者と警官、沙田の商業施設で衝突(07/16)

林鄭長官「誠意持って任務遂行する」(07/16)

上半期の空港統計、貨物がマイナスに(07/16)

6月のコンテナ取扱量、17カ月連続マイナス(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン