• 印刷する

地場と台湾合弁、タクマオで住宅開発

カンボジアの首都プノンペンに隣接する南部カンダル州タクマオで、台湾とカンボジアの合弁事業による新しい住宅開発プロジェクト「ドリームホーム」の開発が始まる。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

同プロジェクトの代理店となる米系不動産仲介フランチャイズ「センチュリー21」によると、3,000平方メートルの敷地に26戸の住宅を建て、中央部分に庭を設ける。価格は約7万3,000米ドル(約819万円)で、既に10棟が販売済みという。

台湾の個性的な建築様式を取り入れ、1階は駐車場、2階は庭、3階に寝室などを配置する。カンボジアでは初の導入となる。厳重なセキュリティーシステムも備える。

地元の不動産業者によると、首都プノンペンでは宅地の供給余力は少なくなりつつあるが、南部はまだ余裕がある。プノンペンに近いタクマオは道路事情が改善しており、不動産市場が急速に成長しているという。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムとの貿易額、1~10月は14%増(12/13)

米不動産仲介センチュリー21、店舗増設へ(12/13)

政府契約職員の月給、来月から5米ドル上昇(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

テイクオフ:「この店にジャケットは…(12/12)

シアヌークビル初の大型商業施設、9日開業(12/12)

LOLC、小口金融プラサックを売却へ(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン