• 印刷する

高速鉄道の1日利用5万人、予測4割下回る

香港鉄路公司(MTRC)は、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄」の香港区間開通から1カ月を迎え、香港側の西九龍駅を出入境した人の数が累計150万人を突破したと発表した。1日当たり平均では約5万人となり、香港政府の乗客数の予測値(1日当たり約8万人)を4割近く下回った。23日付香港経済日報が伝えた。

香港立法会(議会)の田北辰(マイケル・ティエン)議員によると、広深港高鉄の1日の利用者が7万人を超えるのは祝祭日のみで、年末までに1日平均8万人の目標を達成するのは難しいという。運営を担うMTRCに対しては利用者拡大に責任があると呼び掛け、旅行者誘致のための宣伝や値引きサービスの実施などを行うよう訴えた。

当局の利用者数の見込み違いによって、将来的に運営コストが増大することを懸念する議員もいる。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

10月のコンテナ取扱量、9カ月連続マイナス(11/16)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

豪カンタスの超長距離直行便、香港の脅威に(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

マカオ政府が施政報告、現金支給を増額(11/16)

微信支付HKの決済急増、今年10倍に(11/16)

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(11/16)

反発、好決算の騰訊が押し上げ=香港株式(11/16)

上海企業、香港で仮想通貨クオンツファンド(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン