• 印刷する

自動車産業、「低成長が常態に」=工情省

中国工業情報省(工情省)の辛国斌次官は23日開いた1~9月の工業・通信業の動向を説明する記者会見で、「中国自動車産業の高成長時代は既に終わった可能性があり、将来は低成長がおそらく常態になる」との見方を示した。

辛氏は中国メディアの質問に答え、自動車の生産台数と新車販売台数が7月から3カ月連続でマイナス成長と振るわないことについて、「正常なこと」との認識を表明。原因はいろいろ考えられるとした上で、その一つに生産台数、販売台数とも既に規模が相当膨らみ、比較対象が大きくなり過ぎている点を挙げた。

一方で辛氏は、中国の自動車産業にはまだ前向きな要素が多いとも指摘した。販売台数上位10社の市場シェアが90%に迫ったことに表れている集中(寡占)の進行を「良い現象だ」と分析。売上高の増加率が生産・販売台数の伸び率を上回っていることを取り上げ、自動車業界は基本的には健全との考えを示した。1~8月の自動車業界の売上高は前年同期比8.8%増と、決して低い伸び率ではないと指摘している。

エコカー(新エネルギー車=NEV)の1~9月の生産台数が73万5,000台、販売台数が72万1,000台を記録し、それぞれ73%増、81%増と高い伸びを示したことにも言及。この規模は世界をリードしていると強調した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

北京市の鉱工業生産、1~5月は4.8%増(11:37)

住宅市場へのデモ影響は軽微 大手幹部が言及、長期的に楽観(06/20)

テイクオフ:6月18日は何の日? …(06/20)

政治混乱、早期収束なら住宅値上がりへ(06/20)

改善要望の重点は投資と税務 日本商会白書、外商投資法に期待(06/20)

中古車の増値税制改革、業界団体が要望(06/20)

米中首脳が電話協議、G20サミットで会談へ(06/20)

原発設備市場、今後2年で1千億元規模(06/20)

AD調査を開始、米欧韓の合成ゴムEPDM(06/20)

カナダ産豚肉へ検査強化、成長促進剤検出で(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン