• 印刷する

自動車産業、「低成長が常態に」=工情省

中国工業情報省(工情省)の辛国斌次官は23日開いた1~9月の工業・通信業の動向を説明する記者会見で、「中国自動車産業の高成長時代は既に終わった可能性があり、将来は低成長がおそらく常態になる」との見方を示した。

辛氏は中国メディアの質問に答え、自動車の生産台数と新車販売台数が7月から3カ月連続でマイナス成長と振るわないことについて、「正常なこと」との認識を表明。原因はいろいろ考えられるとした上で、その一つに生産台数、販売台数とも既に規模が相当膨らみ、比較対象が大きくなり過ぎている点を挙げた。

一方で辛氏は、中国の自動車産業にはまだ前向きな要素が多いとも指摘した。販売台数上位10社の市場シェアが90%に迫ったことに表れている集中(寡占)の進行を「良い現象だ」と分析。売上高の増加率が生産・販売台数の伸び率を上回っていることを取り上げ、自動車業界は基本的には健全との考えを示した。1~8月の自動車業界の売上高は前年同期比8.8%増と、決して低い伸び率ではないと指摘している。

エコカー(新エネルギー車=NEV)の1~9月の生産台数が73万5,000台、販売台数が72万1,000台を記録し、それぞれ73%増、81%増と高い伸びを示したことにも言及。この規模は世界をリードしていると強調した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/15)

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/16)

地方政府が競って中小支援策 融資に減税、中央の方針受け(02/15)

1月の貿易4%増、プラス成長に転じる(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

米中協議、60日延長検討か(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

海外からの対中投資、1月は4.8%増(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン