雇用悪化、高齢化の影響少ない=KDI

政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は22日、「2014年以降の失業率上昇に対する要因分析」を発表し、雇用の悪化は人口構造の変化によるものではないと分析した。韓国政府は就業者数の増加幅が縮小している要因を高齢化によるものとしているが、KDIは政府の分析と異な…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:忠清南道の高校では、教…(11/13)

文政権、所得主導政策を継続 経済司令塔の交代で刷新図る(11/13)

中堅財閥LS、主要系列社が竜山に移転(11/13)

KB金融、再生可能エネ開発投資に注力(11/13)

SK、10ナノ級半ばの次世代DRAMを開発(11/13)

サムスン、折り畳みスマホ19年前半に発売(11/13)

10月自動車産業、生産・販売・輸出で増加(11/13)

製造業稼働率20年ぶり低水準、危機的状況に(11/13)

韓国中堅造船、1~9月の受注が急減(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン