雇用悪化、高齢化の影響少ない=KDI

政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は22日、「2014年以降の失業率上昇に対する要因分析」を発表し、雇用の悪化は人口構造の変化によるものではないと分析した。韓国政府は就業者数の増加幅が縮小している要因を高齢化によるものとしているが、KDIは政府の分析と異な…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

韓国人男性の遺体発見、バガンのパゴダで(13:59)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(14:30)

テイクオフ:8月14日に公開された…(08/19)

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/19)

家計向け融資が急増、負債デフレの懸念増大(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ(08/19)

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長(08/19)

愛国心マーケティング、中小企業各社が実施(08/19)

半導体工場に5G技術適用、サムスン電子(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン