検察による談合捜査、中小企業への打撃懸念

韓国公正取引委員会が、今年8月に立法予告した公正取引法全部改正案の一部を修正しこのほど規制改革委員会に規制審査を申請した。改正案では談合行為について検察が優先的に捜査できる内容が含まれており、検察と公取委が同時に談合を捜査できるようになる。法務室や法務担当社員…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウル市の教育庁が、先…(01/17)

玄関錠に「顔認識」本格導入 地場FiveGT、市場を開拓(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

日産に課徴金、燃費と排ガス表記で不正か(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

現代モービス、自動運転車向けランプ開発(01/17)

EGCO、韓国パジュエナジーへの出資完了(01/17)

ファーウェイ、韓国に初スマートウオッチ(01/17)

KB金融とLG、ブロックチェーンで提携(01/17)

昨年12月輸出額1.3%減、半導体低迷で(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン