• 印刷する

テイクオフ:他のイスラム教の国と比…

他のイスラム教の国と比べて、宗教的な規制はさほど厳しくないと思える当地でも、アルコール類の取り締まりは年々厳しくなっている。ジャカルタ市内なら比較的簡単に手に入るが、少し外れればそうもいかない。積極的に観光客を誘致している地域でさえ、販売どころか持ち込みも禁止していたりする。仕方ないが、旅先で全く飲めないのも少し寂しい。

またそういう所に限って、酒類を一切置いていないのにウイスキーの空き瓶を並べていたりする。淡い期待を持って尋ねると、「ただのインテリアだよ」と返され肩すかしを食うことになる。しかし、酒を嫌う割になぜ空き瓶はいいのだろう。

そういえば以前、宗教の先生を家庭教師に雇うほど敬虔(けいけん)なお宅にお邪魔したが、やはりボトルが並んでいた。飲む人はいないはずなのにどこから調達してくるのか?謎は深まる。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

19年の州最低賃金、33州で決定(11/19)

9月の対外債務、前年同月比4.2%増に減速(11/19)

ダイハツ小売り台数、1~10月は16万台(11/19)

五菱、独立機関による衝突試験の評価に反論(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン