• 印刷する

テイクオフ:他のイスラム教の国と比…

他のイスラム教の国と比べて、宗教的な規制はさほど厳しくないと思える当地でも、アルコール類の取り締まりは年々厳しくなっている。ジャカルタ市内なら比較的簡単に手に入るが、少し外れればそうもいかない。積極的に観光客を誘致している地域でさえ、販売どころか持ち込みも禁止していたりする。仕方ないが、旅先で全く飲めないのも少し寂しい。

またそういう所に限って、酒類を一切置いていないのにウイスキーの空き瓶を並べていたりする。淡い期待を持って尋ねると、「ただのインテリアだよ」と返され肩すかしを食うことになる。しかし、酒を嫌う割になぜ空き瓶はいいのだろう。

そういえば以前、宗教の先生を家庭教師に雇うほど敬虔(けいけん)なお宅にお邪魔したが、やはりボトルが並んでいた。飲む人はいないはずなのにどこから調達してくるのか?謎は深まる。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

24年までに新たに470万戸に都市ガス供給(13:25)

18年の鉄鋼輸出額、前年比72%増に急増(16:37)

アプリ利用時間、インドネシア人が世界最長(12:08)

テイクオフ:日本以外の多くの国と同…(01/21)

大統領選第1回討論会で舌戦 ジョコウィ陣営冷静対応で優勢に(01/21)

マカッサル工業団地、1000ha規模の拡張へ(01/21)

ジャワ島横断高速、きょうから新料金体系(01/21)

Meiji、そう痒症改善剤のライセンス契約(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン