【ラオス経済通信】シータンドーン総合開発の準備進む 第130回

ラオス南部シーパンドーン地区のメコン川の中州であるコング島の9,864ヘクタールを観光開発するシータンドーン総合開発事業が本格化している。同事業は中国クワンドン・イェンロー・インダストリー社とラオスのLTV建設会社(ラティ・シースパンナヴォング会長)による90億米ドル…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

農薬の事前登録制度導入、安全性確保が目的(10/18)

ラオス・タイの通信合弁、5Gを導入準備へ(10/18)

ラオスの国際競争力ランク、113位に後退(10/17)

チームコンサル、ラオスの水力発電所で契約(10/17)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

ラオス南部4県、観光振興でベトナムと連携(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン