• 印刷する

1~9月ゴム輸出量22%増、価格は下落

カンボジア農林水産省の統計によると、2018年1~9月の天然ゴムの輸出量は前年同期比22%増の14万303トンだった。国内の生産拡大が輸出の増加につながった。プノンペン・ポスト(電子版)が22日伝えた。

同省ゴム局幹部が明らかにした。1トン当たりの価格は中間値で1,368米ドル(約15万4,300円)となり、18%下落した。ただ、数年後には価格は上昇するとの見方を示している。

カンボジアのゴム栽培面積は現在42万7,000ヘクタールで、収穫可能面積は20万1,000ヘクタール。栽培面積は2025年には45万ヘクタールに達する見通し。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都近接州で太陽光発電計画 入札募集開始、電力供給源を拡大(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

〔寄り道〕その後ろ姿はこの国の…(02/22)

日通、新倉庫建設を正式発表(02/22)

官民フォーラム、3月29日に開催(02/22)

鉱山アンコール、油田開発に意欲(02/22)

コッコン州のリゾート開発、当局が承認(02/22)

首都北部の地価2桁上昇、大型商業開発で(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

カンポットに水処理施設を建設、地場アンコ(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン