• 印刷する

1~9月ゴム輸出量22%増、価格は下落

カンボジア農林水産省の統計によると、2018年1~9月の天然ゴムの輸出量は前年同期比22%増の14万303トンだった。国内の生産拡大が輸出の増加につながった。プノンペン・ポスト(電子版)が22日伝えた。

同省ゴム局幹部が明らかにした。1トン当たりの価格は中間値で1,368米ドル(約15万4,300円)となり、18%下落した。ただ、数年後には価格は上昇するとの見方を示している。

カンボジアのゴム栽培面積は現在42万7,000ヘクタールで、収穫可能面積は20万1,000ヘクタール。栽培面積は2025年には45万ヘクタールに達する見通し。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

CSXでの資金調達、累計で1.3億ドル突破(07/22)

違法書類保持の外国人、10カ国の7万人摘発(07/22)

違法ストは業界に打撃、縫製協会が警告(07/22)

日本政府、道路補修資機材の供与で資金協力(07/19)

店舗スペース供給、2Qは前年末比7%増(07/19)

サービスアパート供給、今年21%増見通し(07/19)

ゴム輸出量、上半期は24%増の10万トン(07/19)

違法プラごみ千トン超発見、南部の港で(07/19)

【カンボジア経済通信】首相が訪日、日本からの投資を期待 第347回(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン