• 印刷する

トヨタ、イノーバを発売=今年3モデル目

トヨタ自動車は17日、ミャンマーで多目的車(MPV)「イノーバ」を発表した。小型多目的車(MPV)「アバンザ」、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ラッシュ」に続き、今年3モデル目の市場投入となる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が22日伝えた。

新イノーバは8人乗りで、2.0リッターガソリンエンジン搭載。色は8種類。販売価格は3万5,500万米ドル(約400万円)で、3年間もしくは走行距離10万キロメートルまでの品質保証付き。今月販売予約を開始する。

トヨタが最大都市ヤンゴンに持つ正規販売店である豊田通商系トヨタ・エー・アンド・サンズ(TTAS)のミョ・ミン・テイン最高執行責任者(COO)は「販売台数が一番多いのはラッシュで、これまでに1,000台を販売した」と明らかにした。「イノーバは、ラッシュやアバンザよりも価格が高いため、販売台数は2モデルほど伸びるとは考えていない」と説明した。

また、最大都市を抱えるヤンゴン管区の新たな車両登録制度「ヤンゴン車両割当証明(YVQC)」の導入が遅れていることで、新車購入を控えている消費者がいると指摘。管区政府に対し、YVQCの早期導入を求めた。

ミャンマーでは、イノーバ、アバンザ、ラッシュの3モデルとも完成車(CBU)を輸入販売する。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

官民連携に力、リスク課題も 「投資有望国」再浮上へ(下)(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

年内にQRコード統一規格導入へ、中銀意向(02/18)

オンライン登記、未対応1.3万社を抹消へ(02/18)

国連特別報告者、将軍像反対デモ鎮圧を非難(02/18)

たばこ税の脱税企業の公表求める、議員ら(02/18)

エルニーニョ現象で猛暑を予測=気象当局(02/18)

ヤンゴンではしか拡大、1カ月で248人感染(02/18)

与党顧問弁護士の殺害、2被告に死刑(02/18)

国連が1千億円拠出要請、ロヒンギャ援助(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン