韓国CJ、7万トン規模の飼料工場完成

韓国CJグループ・ベトナム傘下のCJビナ・アグリは21日、中南部ビンディン省の工業団地内に6カ所目となる飼料工場を完成させたと発表した。 1,360万米ドル(約15億3,000万円)を投じて造成された同工場の年産規模は7万トン。同社は今年初めにも342億ウォン(約34億円)を投じ…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

インスタントコーヒー市場拡大 新商品続々、バラエティー豊かに(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

ホンダ二輪販売、10月は8%増の24万台超(11/16)

地場T&T、シンガ社と物流センター設置(11/16)

国内初の小規模貸し倉庫、個人事業主に人気(11/16)

商船三井ロジ、ダナンに営業拠点(11/16)

神奈川県、水道分野でランソン省に技術協力(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン