• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕建築家の隈研吾氏、シドニー高層ビル設計

2020年の東京五輪の新国立競技場にも携わる著名建築家の隈研吾氏が、オーストラリアのシドニー南ウォータールーの集合住宅「マスタリー・バイ・クラウン・グループ(Mastery by Crown Group)」の設計を担当する。隈氏は5棟の集合住宅計画のコンペで最高層ビルの設計を勝ち取った。2021年の完成を予定する。22日付オーストラリアンなどが伝えた。

マスタリー・バイ・クラウン・グループは、シドニーを拠点とする住宅開発会社クラウン・グループが建設。ウォータールーの集合住宅5棟のうち最高層の20階建てで、外装に緑をふんだんに使い、自然との調和をテーマにしたデザインが特徴という。

隈氏がオーストラリアで初めて設計したのは、建設大手レンドリースがシドニーのダーリングハーバーで進める「ダーリング・スクエア」プロジェクトの一部として建設される「ダーリング・エクスチェンジ(Darling Exchange)」。このほか、中国系不動産開発Yuhu Group(玉湖集団)がシドニーのサーキュラーキーに建設する5つ星ホテルの設計を手掛ける。

ウォータールーの集合住宅5棟のうち3棟はシドニーに拠点を置く高田浩一建築設計事務所が設計。1棟はシルベスター・フラーが設計する。


関連国・地域: 中国オーストラリア日本
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

労組合併の無効要請、資源業界団体が敗訴(16:35)

豪の投資先ランク下落、政策の不透明感受け(16:35)

〔政治スポットライト〕労働党、職場関連や環境政策見直しなど公約(16:35)

テイクオフ:自宅の台所から大きな物…(12/17)

大企業34%、法人税支払いなし 全法人税徴税額も18億$足りず(12/17)

豪の税収、世界的に低水準も法人税に依存(12/17)

〔政治スポットライト〕首相、エルサレム首都認定も大使館は別(12/17)

INPEX、イクシスLNG権益66%に増加(12/17)

エクソンとBHP、バス海峡でガス田開発へ(12/17)

アイロム、SA州で治療施設支援事業を開始(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン