• 印刷する

テイクオフ:今回はあそこの住宅棟か…

今回はあそこの住宅棟か。夜の9時ごろ、買い物カートを引きずり指定の場所に向かう。ワゴン車を取り囲むように既に多くの人が集まっており、一帯に普通話(北京語を基礎とする中国の共通語)の笑い声が響き渡る。香港島東部のマンション群に住む中国本土出身者のコミュニティーが組成した、食品の共同購入(団購)制度があると数カ月前に聞きつけ、わが家も加入した。

数週間ごとに本土産の有機食品をまとめて購入するシステムで、運搬車両が深センからやって来る。主体は果物と食肉。団購で購入する商品は香港の半額以下が多い。

顔見知りによると、取り寄せるのは各地の農村で丹精込めてつくられた食品なのだとか。この日は複数の果物を購入したが、新鮮かつ適度な甘さがあって実にうまい。これでは海外産もうかうかしてられないぞ。2つ目のモモをかじりながら真剣に思う。(崇)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

宝飾2社の1~3月期、改善進む(14:39)

テイクオフ:「英会話ができたらいい…(04/18)

富裕層が過去最高人数に 人口の9%、住宅が主力資産(04/18)

預金で資産形成、中間層の6割=調査(04/18)

香港企業は自社製品開発を、輸出商会会長(04/18)

3月の訪日香港人は2桁減、連休のずれで(04/18)

訪日香港人の1Q旅行支出、16万円に(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

怡和飲食がデジタル化加速、投資額3倍に(04/18)

MPFファンド、運用手数料に引き下げ余地(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン