• 印刷する

タクシーと配車運転手、SOCSO義務付け

マレーシアのM・クラセガラン人的資源相は、来月から国内のタクシー運転手と「グラブ」などスマートフォンアプリを利用した配車サービスの運転手に対し、公的な労災・雇用保険を運営する社会保障機構(SOCSO)への加入を義務付ける。スターが22日伝えた。

人的資源省ではかねて、事故などに備えてSOCSOに加入するようタクシー運転手に呼び掛けているが、現在加入しているのは全体のわずか5%(5,197人)だという。同相は「加入していない運転手は、営業ライセンスの更新や登録を拒否される可能性がある」と述べた。

運転手のSOCSO保険料は、年間157.2~592.8リンギ(約4,260~1万6,000円)だという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー鉄道(KTM)の…(06/27)

上期の景況感、前期に続き下落 来期は改善予想、JACTIM(06/27)

RM=25.8円、$=4.14RM(26日)(06/27)

マレーシア航空再建、売却も依然視野=首相(06/27)

KL高裁、エアアジアの司法審査請求を棄却(06/27)

鉄鋼タシン、IPOでペナンに生産拠点設立(06/27)

PCGとスコミ、O&G向け化学品で提携(06/27)

エアアジア、電子決済ビッグペイを年内導入(06/27)

ハイラックス、スリランカ潤滑油工場を開所(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン