エボラ患者の移動先公表、危険な感染症防止

【共同】エボラ出血熱などの危険な感染症が海外から持ち込まれて拡大するのを防ぐため、厚生労働省は21日までに患者が見つかった際には渡航先や発症後の移動ルートなどを公表する方向で検討を始めた。専門家検討会で、エボラ熱のほか、中東呼吸器症候群(MERS)や新型インフル…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

リコー、韓国のX線検査装置企業と合弁(17:08)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

ネット商取引分野を対象に、日米貿易交渉が終了(04/18)

家電売上高、19年は240億元へ パナ、体験館活用の販売戦略奏功(04/18)

オムロンの車載子会社買収、日本電産(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

健康的な空間づくり、パナが米社と共同研究へ(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン