エボラ患者の移動先公表、危険な感染症防止

【共同】エボラ出血熱などの危険な感染症が海外から持ち込まれて拡大するのを防ぐため、厚生労働省は21日までに患者が見つかった際には渡航先や発症後の移動ルートなどを公表する方向で検討を始めた。専門家検討会で、エボラ熱のほか、中東呼吸器症候群(MERS)や新型インフル…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

VICガス田不発、日系LNG輸入に追風か(16:20)

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(19:03)

セブンイレブン、1~9月も2桁の増収増益(15:34)

エプソン、大型印刷見本市で製品アピール(19:01)

在韓日本企業に説明会、徴用工訴訟で(18:35)

二輪車輸出台数、10月は74%増の7.2万台(18:10)

テイクオフ:台湾人が見たこと、感じ…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

三菱日立、火力発電所を改修 環境対策に商機、NOx6割低減(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン