UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も

シンガポールに駐在するスイス金融大手UBSの執行取締役が、中国本土で拘束されたとの情報が広がり、金融業界に衝撃が走っている。本土への出張を回避したり、本土に駐在する職員に出国を求めたりするなど金融機関は対応を迫られているようだ。21日付明報などが伝えた。 拘束さ…

関連国・地域: 中国香港シンガポール米国欧州
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

テイクオフ:自宅でくつろいでいると…(05/22)

27年に労働力17万人不足へ 高齢化などで、人材需要は旺盛(05/22)

小売りや宿泊分野が人材不足、旅行者増で(05/22)

港珠澳大橋の通行制限緩和、許可上限未設定(05/22)

本土男性との結婚増、香港の人口減少加速か(05/22)

4月の訪日香港人は8.3%増、プラスに転換(05/22)

3日続落、華為排除なお影響=香港株式(05/22)

フィンテック人材争奪激化へ、仮想銀始動で(05/22)

AIA、メディックスとア太で提携拡大へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン