エムケイ、7万リンギの破格住宅の建設計画

マレーシアの不動産開発エムケイ(EMKAY)グループのムスタパ・カマル・アブ・バカール会長はB40(所得下位40%、低所得者世帯)向けに7万リンギ(約190万円)の破格の住宅提供を計画している。ムスタパ会長の退任を見据えた構想で、実現すれば民間企業では初の10万リンギを…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

郵便POS、19年4Qは過去最大の赤字(13:56)

証券取引所の規制機能分離、新子会社に移管(13:17)

マレーシア航空、仏社提携でMRO事業強化(12:36)

山梨県が販売拠点廃止、輸出増で方針転換(15:53)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:前代未聞の政変も、陽気…(02/27)

マハティール氏が国民に謝罪 辞任理由は与党連合の内部対立(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

景気刺激策、予定通り27日発表へ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン