• 印刷する

韓国投資証券、香港法人を有償増資

韓国金融持ち株の子会社、韓国投資証券が香港法人をアジアビジネスの拠点として育成する。19日、同法人に対し4億米ドル(約450億円)規模の有償増資を実施すると発表した。これにより香港法人の資本金は4億1,000万米ドルに拡大し、アジアにある同社の現地法人の中では最大規模となる。

韓国投資証券は増資のほか、株式や債券、商品の売買を手がけるトレーディングセンターを香港に新設する。将来的には、上場株式や債券など伝統的な金融資産に代わるオルタナティブ投資(代替投資)や投資銀行業務も始める予定だ。

韓国経済新聞によると、現在韓国の約10社の証券会社が香港に現地法人や事務所を構えている。しかし、香港では欧米の商業銀行や投資銀行との競争が激しく、韓国勢は苦戦を強いられているという。


関連国・地域: 中国香港韓国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

製薬5社、18年売上1兆ウォン超える(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

旗艦モデル「S10」シリーズ発表、サムスン(02/22)

1月の輸入物価指数、11カ月ぶりの低水準(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

SK会長、持ち株会社の取締役会議長を退任(02/22)

サムスンが折り畳みスマホ、5G対応機種も(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン