ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発

韓国のロッテ建設が、ベトナムとインドネシアにおける住宅開発事業に相次いで参加している。18日付聯合ニュースが伝えた。 同社は1日、不動産開発などを手がけるベトナムのフークオン・グループと、南部ホーチミン市に位置するニュータウン「ウエスタンゲート」事業に関する覚書…

関連国・地域: 韓国ベトナムインドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

多様化が進む越の訪日市場 観光客の増加率、ASEAN最大(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

ベトナム、CPTPPの手続き完了(11/13)

ビンF、ペトロリメとも電動インフラで提携(11/13)

HCM市、公共交通の統一カードを整備(11/13)

台プラの越製鉄所、3号炉計画を検討へ(11/13)

運輸省、航空会社の事業条件を緩和へ(11/13)

岩谷産業、ホーチミン支店が業務開始(11/13)

陶器ビグラセラ、オンラインショップ開設(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン