• 印刷する

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に

カンボジア租税総局(GDT)によると、2018年1~9月の税収は前年同期比17.5%増の16億9,000万米ドル(約1,900億円)だった。通年目標の88.0%に達した。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

9月単月では41.4%増の1億8,800万米ドルだった。コン・ビボル総局長は「政府の方針に沿って税制改革を進める。徴税強化にも引き続き取り組む」と述べた。

GDTは、2018年の税収目標を19億2,000万米ドルに設定。昨年通年は前年比27.8%増の19億3,000万米ドルだったため、今年はやや下回る見込み。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

交通事故件数47%増、クメール正月期間(13:57)

EU向けコメ輸出33%減 1~3月、関税導入が重し(04/18)

ベトナムが追加電力供給に合意、首相(04/18)

プノンペン前知事、首相顧問に就任(04/18)

証取所での資金調達、累計1.2億ドルに(04/18)

首都のごみ収集料金、2倍以上に値上げ(04/18)

アルコール広告、政令で規制へ(04/18)

越とカンボジア、二重課税回避の協定締結(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン