• 印刷する

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に

カンボジア租税総局(GDT)によると、2018年1~9月の税収は前年同期比17.5%増の16億9,000万米ドル(約1,900億円)だった。通年目標の88.0%に達した。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

9月単月では41.4%増の1億8,800万米ドルだった。コン・ビボル総局長は「政府の方針に沿って税制改革を進める。徴税強化にも引き続き取り組む」と述べた。

GDTは、2018年の税収目標を19億2,000万米ドルに設定。昨年通年は前年比27.8%増の19億3,000万米ドルだったため、今年はやや下回る見込み。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

中国2社、南西部タタイ川に水力発電所建設(09/23)

首都のコンド急増、30年には30万戸規模に(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

運輸省、カンボジアと交通分野で協力検討(09/23)

来年の最低賃金、政府提示額は187ドル(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン