• 印刷する

米の為替報告書、韓中を監視対象に

韓国企画財政省によると、米財務省は17日に発表した為替報告書で、韓国を通貨政策の「監視対象」に据え置いた。

同報告書は米国の主要貿易相手国・地域の通貨政策を分析するもので、半期ごとにまとめられる。韓国は「為替操作国」と認定される3要件のうち対米貿易黒字と経常黒字の2つが該当し、監視対象に指定された。報告書は、韓国が来年から外国為替市場への介入内容を公開すると決定したことを歓迎し、為替関連政策に対するモニタリングを続けるとした。

今回、韓国と中国、日本、ドイツ、スイス、インドの6カ国が監視対象とされた。米中の貿易摩擦が続いており、中国人民元の変動次第では韓国への悪影響も予想される。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(17:02)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(18:51)

エプソン、大型印刷見本市で製品アピール(17:04)

CJ第一製糖、米国で冷凍食品企業を買収(17:10)

在韓日本企業に説明会、徴用工訴訟で(18:35)

テイクオフ:米国人のヒルマン監督が…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

ソウル市が日系企業を表彰 技術移転と社会貢献を評価(11/15)

サムスンバイオ、株の売買を当分中止(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン