• 印刷する

公務員の最低賃金、7%引き上げへ

2019年度の公務員や軍人などの給与の算定基準となる一般最低賃金(基礎賃金)が、来年7月1日から7%引き上げられ、149万ドン(64米ドル、約7,000円)になる見通しだ。来年1月から平均5.3%の上昇が見込まれる民間企業の最低賃金を上回る引き上げ率となる。

19日付サイゴンタイムズによれば、ディン・ティエン・ズン財務相が今秋開かれた国会常務委員会で説明した19年度予算案の中で明らかにした。元公務員などの年金も同じく7%引き上げられる。公務員などの最低賃金は18年度も7月1日に約7%引き上げられた。

民間企業については、政府の諮問機関である国家賃金評議会(NWC)が8月、来年1月から適用する最低賃金について平均5.3%の引き上げを答申することを決めた。ハノイやホーチミン市など大都市では20万ドン増の418万ドンになる見込みだ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン