メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟

産業用フラッシュストレージやDRAMモジュールなどを手掛ける宜鼎国際(イノディスク)は17日、グループ企業4社とともに、モノのインターネット(IoT)と人工知能(AI)を融合した「AIoT」向けソリューション事業を強化する方針を発表した。従来のハード製造に加え、…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者の雇用条件、労働部が提出(19:59)

テイクオフ:今週土曜日の統一地方選…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

鴻海、人件費削減など4項目のコスト削減案(11/20)

元太の電子タグ好調、アリババなどが採用(11/20)

FPCの嘉聯益、期間工100人超を削減か(11/20)

ノートPCの藍天、群創とゲーミングPC(11/20)

フィリップスがテレビ再発売、台湾社と提携(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン